商品紹介

products

青木蘭麝堂では、伝統の製法を大切に守り、一子相伝の蘭麝酒とうす墨桜を造り続けています。清らかな名水と越前東郷米を使用し、コク深い甘みが特徴です。旅のお土産に、また、健康が気になるあの人に。ゆったりとしたくつろぎの時間のおともに、歴史ロマンが香り立つふくよかな味わいをお楽しみください。

蘭麝酒とグラス
蘭麝酒720ml

蘭麝酒

Ranjyashiyu

戦国大名・朝倉氏一門の健康維持と氏族繁栄を願って作られた、一子相伝・門外不出の薬味酒です。自家産の越前東郷米を原料に、十数種類の薬味を漬け込んで熟成。とろりとしたコクと、清涼感のある芳香をお楽しみください。

うす墨桜500ml

うす墨桜

Usuzumizakura

江戸時代からの本みりんの製法で造られているお酒で、越前東郷産のもち米で醸造された自然の甘さが特徴です。そのままお飲みいただくのはもちろん、本みりんとしてお料理に、季節の果物を漬けて果実酒にと、さまざまな楽しみ方ができます。

◉蘭麝酒の飲み方

蘭麝酒は、『うす墨桜』に一子相伝の薬味を浸出させ熟成したリキュール酒です。

ストレート

そのまま飲むとコクのある深い味わいです。
家伝の薬味酒の味がじっくり楽しめます。

ロック

氷で割ると味が薄まり、飲みやすくなります。
夏の暑い時期に最適です。

炭酸割り

スッキリ飲みたい方におすすめです。
ビールのような味わいを楽しめます。
レモン味の炭酸で割ると更に爽やかで美味しくなります。

お湯割り・水割り

寒い冬には、お湯割りが特におすすめです。
体がポカポカ温まります。
疲れた時や就寝前にどうぞ。

牛乳割り

カップ1杯のホットミルク(牛乳をレンジで1分加熱)で割ると美味しく飲めます。
温まるので、ティータイムや就寝前のドリンクにどうぞ。

◉うす墨桜の飲み方

うす墨桜は、江戸時代からの本みりんの製法で造られています。アルコール17度のもち米酒です。

日本酒にブレンド

辛口の日本酒にブレンドしてほんのりした甘味と香り豊かな高級酒に。

ロック

氷で割ると甘味が薄まり飲みやすくなります。

レモンと炭酸割り

コップに『うす墨桜』20~30mlを入れ、炭酸で割ってレモンなど柑橘を加えると、爽やかなレモンスカッシュカクテルの出来上がり。

焼酎割り

江戸時代に飲まれていた「本直し」は、本みりんを焼酎で割ったものです。
「柳陰(ヤナギカゲ)」は、昔から親しまれているカクテル。

料理酒

お料理用には最適の高級本みりんです。
料理に上品な甘さとテリ、コク、ツヤを与えてくれます。
アルコール度数が高いので、消臭効果や高い保存性があります。
和食の味付けは「醤油と本みりん1:1」が基本といわれています。